農事組合法人 霧島高原純粋黒豚牧場

農事組合法人 霧島高原純粋黒豚牧場

農事組合法人 霧島高原純粋黒豚牧場の理念

国の農山漁村活性化プロジェクト支援モデル認定農家

◆交流拠点の整備
地域間交流を促進するため、農山漁村の有する地域資源を活用し、都市住民への農山漁村に対する理解の促進を目的とした、交流拠点の整備を支援。
◆生活環境の整備
定住などを促進するため、生活の場である農山漁村の生活環境整備を支援。
◆農林漁業の振興
定住などを促進するため、農山漁村における基幹産業である農林漁業の振興を図る生産基盤および施設の整備を支援。

霧島市霧島地区に、生産施設を整備することにより、生産物の生産量が増加し、地区内飲食店や宿泊施設等での流通、活用が活発になり、地産地消が推進され、合わせてブランドの確立が図られることで、観光客等の滞在を推進し、都市住民との交流を促進し、地域活性化を図ります。

経済産業省・農林水産省 農商工連携88選認定事業者 表彰式の様子
定義 「農商工連携88選」
農林水産業者と商工業者が連携し、それぞれの技術や特徴等を活用し、その先進的な取組みが評価され将来の日本のビジネスモデルや地域活性化を図る事業として認定するものです。
農林水産省ホームページ
感謝状
農業

人間と豚は体質が良く似ているという点に着目し、つまり人間が住みやすい環境が豚にも住みやすい環境であるという一般的な考えから、木造豚舎は自然と調和し、豚にストレスを与えないリラックスした環境で育ち、肉質向上につながっています。

餌を食べる黒豚 豚舎内の様子
自然環境

人間も水が変われば体質も変わるといあれ、特に豚は水が肝心といわれるため、地下水を使って豚の健康を維持しています。近代的な養豚設備ではありますが、自動給餌はせず、従来通り豚一頭一頭に餌を与える際に、その日の体調管理をし、丹精込めて育てています。

自然環境